研究概要/Research Summary

「太陽系のような環境はどれほど宇宙で普遍的に存在するのか?」。この問いに答えるには、母体となる星間分子雲から星や惑星がどのように作られるか、という物理進化の理解が不可欠です。同時に、星間分子雲で作られた様々な分子がどのように惑星系へもたらされるか、という化学進化の理解も原始地球環境との関連で非常に重要です。当研究室では、アルマ望遠鏡などの最先端電波望遠鏡を用いて、これらの両面から星と惑星の誕生過程を研究しています。また、観測に必要な分子の回転遷移輝線の周波数を精密に測定する分子分光実験も計画しています。

Star and planet formation is one of the most fundamental structure-formation processes in the universe. By use of the state-of-the-art radio telescopes including ALMA, we are investigating when a disk structure is formed around a solar-type protostar, and how it is evolved into a protoplanetary disk and eventually to a planetary system. This is an essential question deeply related to the origin of the Solar system. We particularly focus on a relation between physical evolution and chemical evolution during star and planet formation. Related laboratory spectroscopic studies in the millimeter and submillimeter regimes are also planned.

News
2016.9.26 ホームページを作成しました。 トップページ
2016.6.20 東大と共同記者発表しました。Press Release アルマ望遠鏡で見えてきた化学組成の多様性Chemical diversity--ALMA discovery
2016.2.16 Workshopを開催しました。 Workshop on Astrochemistry in Star and Planet Formation